医療訴訟の統計

医療訴訟は近年とても増えています。
医療事故の数そのものが増えているわけではなく、これまでは見逃されていた事故がきちんと事故として認識されるようになり、訴訟を起こす人が増えているようです。
かつては素人が医師の行うことに逆らうなという雰囲気がありました。
そのため、患者の方が泣き寝入りをしてしまうことが多かったのですが、現代では、患者の人権も尊重されており、医療事故が起きれば、それに対してきちんと訴訟を起こすことが当たり前の時代となっています。


昔の日本は以心伝心という言葉にあるように、言わなくても相手に伝わるだろうとみんなが甘えていた社会がありました。
しかし、そのような社会では、何か問題があったとしても、それを言い出すことができずに損をしてしまう方が多かったです。
現代は、それとは逆にクレーマーが色々なところで話題になるように、自分の権利が侵害されたらそれをはっきりと主張することができるような時代となりました。
それによる問題もあるのですが、これまでは不利な立場にしかいなかった患者が医師を訴訟できるようになったのは良いことでしょう。


それでは、実際に医療訴訟はどのくらい増えているのでしょうか。
また、どのくらいの医療事故が起きており、医療訴訟をした方は実際にどれくらいの方が勝訴しているのでしょうか。
これらの詳しいデータについて、統計資料を参考にしながら、当サイトでは色々なデータを紹介します。
医療訴訟について興味のある方は是非ともご覧になってください。


※外部リンク
B型肝炎ウィルスに感染してしまった方の医療訴訟を手助けしている弁護士事務所です・・・B型肝炎 訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟の統計 All Rights Reserved.